Inspiration

インスピレーション

これは凄すぎる!国内外の大迫力プロジェクションマッピング10選

2013.01.18

建物や立体的な物体に映像を映し出し、3Dのような映像が楽しめるプロジェクションマッピング。ここ数年、アートや広告の世界で注目を浴びています。今回はその中でも特に、国内外の歴史的建築物や、有名な建物を使ったプロジェクションマッピングのいくつかを、私が個人的にこれはスゴイ!と思った順にご紹介します。

アブダビ : シェイク・ザイード・グランド・モスク

by Obscura Digital

アラブ首長国連邦の建国40周年を記念して行われたプロジェクションマッピング。このシェイク・ザイード・グランドモスクは、世界最大級の大きさを誇り、なんと44台ものプロジェクターが使用されたとのこと。

スペイン : サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂

by vjspain.com

キリスト教の大巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステーラで毎年開催されるアポストル祭。こちらは、2011年に世界遺産のサンティアゴ‐デ‐コンポステラ大聖堂800周年を記念して行われたプロジェクションマッピング。

ロシア モスクワ : モスクワ大学

by Spinifex Group

ロシアのモスクワ大学で行われたソビエト連邦崩壊20周年を記念したプロジェクションマッピングショー「Alfa Show 4D」。 プロジェクションマッピングが投影された表面積は、25,500平方メートル(フットボールフィールド5個分)で、今まで行われてきたプロジェクションマッピングの中でも大規模中の大規模。時間のある方は▼の完全バージョンをどうぞ!

日本 : 東京駅

by 1986popopo

12月21日から12月28日までの8日間(24日~28日 中止)、東京丸の内エリア(東京駅丸の内駅舎前、郵船ビル・東京海上日動ビル間)で、開催された東京ミチテラス2012 TOKYO HIKARI VISION。歴史、未来、希望」を基本テーマとした光の祝典。

スペイン バルセロナ : サグラダ ファミリア

by Moment Factory

バルセロナで最も大きなお祭りの1つである「メルセ祭り」の一環として行われた「Sagrada Familia light show(サグラダ・ファミリア・ライトショー)」。

ルーマニア ティミショアラ

by BordosArtworks

ティミショアラの美術館で行われたプロジェクションマッピング。

日本 : 東京駅

by 一日一景。

2012年9月22日23日の2夜続けて行われた東京駅丸の内駅舎保存・復原工事の完成を祝うプロジェクションマッピングのイベント「TOKYO STATION VISION」。

チェコ共和国 プラハ : 天文時計

by the macula

チェコ共和国、プラハのオールドタウンスクエアにある、天文時計の600周年を記念して行われたプロジェクションマッピング「The 600 Years」。

ベルギー ゲント

by Jean Begerem

ベルギーのゲントで行われた、ゲント光のフェスティバル(LICHTFESTIVAL GENT 2012)。建物は郵便局だそうです。

オーストラリア シドニー : オペラハウス

by urbanscreen

シドニーの中心街のいたる所が3Dプロジェクションマッピングなどの光で包まれるイベント「Vivid Sydney」。こちらはオペラハウスに投影されたプロジェクションマッピング「Lighting the Sails」。

COMMENTS