Republic of South Africa

南アフリカ共和国

弾けるようなポップカラーの家が建ち並ぶ南アフリカの街『ボカープ』

2012.08.08

via lonly planet

南アフリカ共和国のケープタウンにある『ボカープ』は、ポップカラーに塗られた壁がかわいらしい石製の家が立ち並び、多民族の文化が入り混じるマルチカルチャーな街。住民は約6000人とそれほど多くはありませんが、イスラム教徒とキリスト教徒が混在して生活しているそうです。

by Benjamins Lichtwerk

ボカープの多くの住人は、16世紀から17世紀の間に、アフリカ、インドネシア、マレーシア、そしてその他のアジアの地域からオランダ人によって連れてこられた奴隷の子孫にあたります。奴隷といっても、犯罪者、亡命者、職人から有名な学者さんまで含まれていたそうで、彼らがもたらした技術や食文化は、現在の南アフリカの文化に大きく貢献しているそうです。

by Benjamins Lichtwerk

カラフルなのにレトロな感じがする街並みです。

by iandthompson

真っ赤な家の隣に真っ青な家!コントラストがすごすぎる気がしますが、壁は好きな色を選らんで塗っているんでしょうか?

by Benjamins Lichtwerk

こちらはレトロなカフェ?駄菓子やさん?鳩の絵のポスターに「Pigeon Food Available」と書いてありますが、このお店で鳩料理が食べられるのでしょうか・・・

by .erin.

by varlamov

壁に寄り掛かっているアフリカンなおじさんですが、なんだかきまってますね!

by bloddo

こちらの壁は、ピンク~パープル。おしゃれな色合いですね。

by Kelsie DiPerna

住民の90%がイスラム教徒というボカープでは、イスラム教の女性が頭にスカーフを巻いているのを見かけるのもめずらしくないようです。

by anni.b’s

by Jack Zalium

モスクも家と同じようにカラフル。こちらはエメラルドグリーン色。お菓子の家のようですね。

by Miriam Mannak

路地裏では、大人数で洗濯干し。カラフルな壁が洗濯物でよりカラフルに?

南アフリカに行く機会があったら、ちょっと寄り道してみたい街ですね。

Bo-KaapのMAP

Sorce

COMMENTS