Madagascar

マダガスカル

神秘の巨木が立ち並ぶ,マダガスカルのバオバブの並木道

2012.08.30

by glowingz

マダガスカルのモロンダバ郊外、Avenue of the Baobabs(バオバブの並木道)と呼ばれる小道に立ち並ぶ巨大なバオバブの木。空に向かってまるで手を伸ばしているかのように見えるそれらは、広い大地の上で圧倒的な存在感を放っています。

by Olivier Lejade

サバンナ地帯に多く分布するバオバブの木は、高さは約20m、直径は約10mにも及びます。最大のものは南アフリカのリンポポにある高さ47m、直径15m。年輪がないため、樹齢を知ることは難しいそうですが、樹齢は数千年とも言われています。数千年と聞くだけで、神秘的な感じがしてしまいますよね。 中は空洞になることが多いですが、大木には10トンもの水分を幹に蓄えているのだそうです。

by Tatters:)

バオバブの木には、こんな白い花が咲くようです。果実は食用・調味料に利用されますが、ビタミンCはオレンジより多くカルシウムも牛乳より多いそうです。そして、種子からは油が採集でき、樹皮は解熱剤に用いられたり、細かく割いて編むと丈夫なロープにもなるそうです。
絵本「星の王子さま」の中では星を破壊する巨木として描かれているバオバブの木ですが、実際には、「宝の木」とも呼ばているそうです。

by Per Edin

バオバブの並木道のまわりには、牧草地が広がっているので、こんな風に牛達が優雅に道を横断する光景も。なんだか穏やかな気持ちになるのんびりとした風景です。

by Olivier Lejade

バオバブの並木道の近くには、25~30本のバオバブの木が生えているそうです。平地に20mもの高さの異様な形の巨木が生えているというのはなんとも不思議な光景ですね。近くで見上げてみたいですね。

by HïLôqui

夕日の中で見るバオバブの木は本当にとても神秘的です。この景色を見るためにマダガスカルには世界中から旅行者が集まってきますが、その旅行者達の気持ちがよ~くわかります。こんな秘境で見る夕日は、きっと写真で見るよりもずっとずっと美しいのでしょうね。

by Frank.Vassen

牧草地にある湿地帯の池に映るバオバブの木は、鏡に写したように天にも地中深くにも届きそう。

by Klemmo World

バオバブの並木道から北へ7㎞ほどいった場所に、2本のバオバブの木が絡み合って成長しているものがあります。この木にはこんな伝説があります。 近くの村に住む若い男女が恋に落ちました。しかし、二人にはお互い結婚相手が決まっていたため、結ばれる運命にはありませんでした。離れたくないと願う二人は、神様に助けを求めました。永遠に一緒に居たいと。この絡み合う2本のバオバブの木はその時に生まれました。そして二人は1つとなり、今もなおこの地に生き続けていると。とてもロマンティックな伝説ですよね。

さて、バオバブの並木道はかつては森林でしたが、マダガスカルの人口の増加と共に農業用に森林が切り開らかれていきました。その際に、地元の人達はこの宝の木であるバオバブの木に敬意を払い、伐採しなかったそうです。なので、この神秘的な風景はある意味ちょっと人為的なんですね。でも、美しいものは美しい!長い時を経てここまで大きくなったバオバブ木の並木道を、マダガスカルの風を感じながら歩いてみたいですね!

モロンダバのMAP

Sorce

COMMENTS